仕事の状況に関する審査

銀行カードローンに申し込みの際は、いかなる場合でも所定の審査が行われることになります。この点に関しては、さすがに例外はありません。

厳密な審査を行うことによって、融資に相応しいかどうかに関して客観的に見極めることに繋がっていきます。そして、審査では複数の項目がチェックされることになります。ここでは、色々な項目の中でも、仕事の状況に関する審査の詳細についてお話します。

どこの銀行カードローンであっても、何かしらの仕事をしていて、安定的に収入が入ってくる状態であってこそ、申し込むことができます。というのも、銀行カードローンを利用するということは、きちんと返済を続けていくことが必要になるからです。

この項目を審査しなかったがために、返済が不能な状態に陥ってしまうようでは、それこそ元も子もありません。仕事の状況を把握する時は、「安定した収入を期待することができるかどうか」という点にフォーカスが置かれる中で審査がなされます。

金融機関としては貸し倒れの状況だけは最も避けたいと思っているのですから、このような流れになるのは極めて普通のことです。また、仮に仕事をしているとしても、収入が短期的にしか入ってこない場合は、審査に通るのが難しくなります。

というのも、このような状態だと確実に完済に向かっていくことができず、後になって支障が出てくるという恐れがあるからです。

この項目が全てではないですが、仕事の状況に関する審査なしに銀行カードローンを利用するのは難しいのです。

住まいに関する情報

住まいに関しても、銀行カードローンの審査の対象になります。こんな話を聞くと「なぜ住まいに関する情報が審査されるのか」と不思議に感じてしまうのも、決して無理はありません。もちろんですが、それには何かしらの理由が存在します。では、それは一体なぜでしょうか。

住まいに関する審査は、銀行カードローンの融資を行っても本当に大丈夫なのかどうかを見極めることが目的で行われます。

どのような形態の住まいなのかによって、月々の支出がどれぐらいになるのかと言ったことも分かるようになります。

もし銀行カードローンに申し込んだ本人が家賃を支払う必要がない場合、家賃に関する負担は全くありません。しかし、賃貸住宅に住んでいる場合は、毎月の家賃を自分で負担することが必要になります。

一か月あたりいくらの負担が必要になるかについては、個人の状況によって異なってきますが、多かれ少なかれこの項目が返済のカギを握っています。もし家賃の負担が多い場合、自由に利用できる金額は相対的に少なくなります。

それとは逆に、家賃の負担がそんなに多くなく、他の項目でもそこまで差し支えがないのであれば、ローンの利用が比較的多く可能になると言っても良いでしょう。ただし、ここで勘違いしてはいけないことがあります。

それは、家賃の負担があるから審査に引っかかるという結果になるとは限らないということです。あくまでも総合評価で最終的な融資判断が決まるということは。肝に銘じておきたいものです。

他社からの借入の状況

他社からどれだけの借入があるかについては、どこの銀行カードローンに申し込むにしても、必ずと言って良いほどチェックがなされます。

この借入の状況がきちんと把握できれば、本当に銀行カードローンの融資を行って良いのかどうか、客観的になれるとも言われています。では、借入の状況に関してどのような観点から審査がされるのか、ここでお話します。

まずチェックされるのは、他社からの借入件数です。これは純粋に「何件の借入があるか」という点から審査がなされます。もし50万円の借入が1社から行っているのであれば1件の借入になるし、25万円ずつの借入が2社で合計50万円であれば、借入2件という扱いになります。

そしてこの借入という概念ですが、少なければ少ないほど審査で有利になります。というのも、借入件数が少ないということは、毎月の負担がそれだけ少なくて済むからです。もし件数が多いと、それだけ管理が大変になるのは目に見えています。

銀行カードローンによっては、借入が3件とか4件以上あると、審査に通るのが難しくなると言われています。次に借入金額については、これはあくまでも今後の返済に支障を及ぼすことがないかどうかという観点から審査されます。

いわゆる総量規制で言う基準を超えている場合でも、銀行側が特に問題ないと判断すれば、融資が可能になることもあります。ただし、年収と借入のバランスに関して考慮した結果、あまりにもバランスが悪いようですと、審査で不利になってしまいます。

昨今の申し込みの状況

銀行カードローンの申し込みをする際には、昨今の申し込み状況に関しても、何かしらの形で考慮されます。このような情報を得ることができれば、金融機関としてはより確実な審査を行うことに繋がっていきます。

では、昨今の申し込み状況が、どのように銀行カードローンの審査に影響すると言えるでしょうか。

もし昨今で申し込みがあれば、その時の審査結果がどうであったのかがチェックされます。短い期間内において複数の申し込みをしている方の傾向としては、他の金融機関のローンの審査で引っかかってしまったのではないかと予測がつきます。

もし審査に通っていれば、連続で申し込むことはないですし、金銭的に切羽詰まっているのではないかと考えられても、決しておかしくありません。こういう時に連続で申込をするようなことがあると、何回銀行カードローンに申し込んでも、同じ結果で終わってしまうものです。

これでは時間や労力が非常に無駄になってしまいます。しかも申し込んで審査に落ちた事実も後になって残ることになります。これでは「悪手が悪手を呼ぶ」の典型的パターンに陥ってしまいます。このような事態を免れるためには、連続で申し込むような行為を避ける方が無難です。

それよりも、なぜ審査で引っかかってしまったのかについて、自分で考えて見る方が、後々に繋がっていきます。今がダメだとしても、将来的に状況を改善していくことができれば、今後の結果も全く異なってくるものです。

過去の金融事故の有無

金融事故が過去にあるかどうかは、銀行カードローンの審査結果のカギを握る大きなポイントになります。もちろん、この要素のみで結果が決まってしまうものではないですが、影響を与えるという点はやはり無視できません。ここでは、過去の金融事故の有無に関して見てみましょう。

まずは遅延についてです。この遅延は信用情報機関に残ることになります。たとえ一日の遅れであったとしても、遅延であることには変わりないですから、やはり信用状態に何かしらの影響はします。

遅延したのがだいぶ昔で、尚且つその遅延を解消しているのであれば、審査でそこまで大きく影響することはありません。しかし、銀行カードローンに申し込んだ直近で何かしらの遅延をしていると、それは話が異なってきます。

直近の遅延ということは、直近の金銭的な状況が厳しいのではと察するものです。もしそのようにみなされれば、新たにローンに申し込んで利用したとしても、返済がきつくなってしまうことは目に見えています。次に、過去に債務整理をしている場合についてです。

もし債務整理をすると、その事実は5年以上信用情報機関に残ると言われています。しかも一度債務整理をすると、銀行から融資を受けることが難しくなります。

これも直近での遅延同様、金銭的に窮状に陥るリスクが考えられるので、それを防ぐための対策になります。過去の利用実績を見れば、ローンに申し込む本人が信頼に値するのか否かが客観的に分かるのです。